21th December 2018

キーーーーーーン

翌日になっても、あいも変わらず耳鳴りは続いていた。

登校し、クラスメイトに「大丈夫?」と聞かれれば、「治ってはいないけど、大丈夫」と答えた。

今度は、Annettからも心配そうに聞かれ

”Ummmm “

と、私は微妙な顔をするだけで、なぜか具体的には何も話す気にはなれなかった。

やっぱり、耳鳴りがするということに落ち込んでいた。

しかし。授業は今日を含め残り二日なので、とりあえず集中することにする。

レベル6の授業内容は、温暖化の問題や麻薬をどうしたら減らせるかなどの話しあいなど。気を緩ませると全くついていけなくなる😅しかし、奥の手を使うこともある。(奥の手:隣の席の友人に、先生が言っていることや教科書の内容を簡単な英語に変換してもらって教えてもらう)

集中していると、意外と耳鳴りは聞こえなくなる。

無事に本日の授業は終了となった。

明日は、最後の授業と、卒業式。

学校を出るのも名残惜しく、

レベル4や5の時の教室を見て周り、学校に残って宿題を片付けることにした。

宿題を終え学校を出ると、外はもう暗くなっていた。

そこに、レベル5の時のクラスメイトと担任の先生に会った。偶然のことだったが、クラスメイト7人ほどと先生で、食事会をするから、一緒に参加しないと声をかけられた。

先生とご飯?いいの?と思いながら、二つ返事で参加することにした。

そして、お店は、とある日本食のレストランだと教えられた。

しかし、実はそのお店には私は以前行ったことがあり、正直なところ、オススメできない理由がいくつかあった。せっかくの大事な日をそこではちょっと、、、と思い、正直なお店の感想を伝えたところ

“ You said,not good!!!!”

と、元クラスメイトに大きな声で言われてしまった。

私は慌てて言い直す。

“Wait!!! I think ….it’s not so good

それを聞いていた先生は

“Hahaha! Kaori is kind!”

と、笑った。

so が、あるとないではニュアンスが変わりますので、お使いいただけると便利かと思います😅

そして、別の、日本食が食べられるお店に行くことができたのでした⭐️

そこは、韓国の方が料理も接客もされているお店でしたが、店内はとても綺麗で、お寿司もとても美味しかったです^^

楽しい時間を過ごしたあと、私は、ふと思った。

(こんなふうに、私も、クラスメイトとAnnettと食事できたら素敵だなあ。

彼女は、私が食事に誘ったら、それを、OKしてくれるだろうか、、、、、❔)

右手にある巻き寿司は、マリリンモンロール。ネーミングセンスも素晴らしいです(^^)

カナダ留学先での恋話🤫💖

恋話って、いつでも、どこでも盛り上がりますよね^^

  これは、バンクーバーで私が体験したこと。よかったら、お楽しみください♪

 まずは、学校全体の雰囲気をお伝えします。(VGC。2年前)

 南米出身の方は、距離感が近く、愛情表現がとても豊かです。だから、’Nice to meet you’と挨拶する→その場で友人へ→ハグ→(頬にキス:シャイな日本人には遠慮する方も多い)の流れは、1日から3日で大体完成します。

 ヨーロッパ出身の方は、距離感を掴むまで時間が多少かかりましたが、みなさん紳士でした^^

 韓国出身の方は、感情表現がストレート。さっぱりしてて、私は好き。そして男女ともにとても美意識が高く、教えていただいた基礎化粧品はvery goodでした^^

 そして、日本人女性は、モテます。可愛くて、優しくて、、、騙しやすいと思われているから。初対面の方や友人から告白される機会が増えるけど、お相手の友人数人とお会いしてからお付き合いを考えるとか、慎重な行動をお勧めします^^

 さて。^^チラ見してきた恋愛事情をお伝えします。

大体二つのタイプに別れます。

一つ目は。割り切った短期的な恋愛。

英語を上達させるには、海外の異性と恋愛するのが一番だと、見た目がタイプな女性を見つけては孟アタックし、お付き合いに結びつける男性がいました。積極的にクラブに誘ったりね。

二つ目は。本気の恋愛。

たとえ、出身が違う国だとしても。繰り返し思いを伝えて(やっぱり将来離れる可能性のある人と付き合うって、勇気がいると思う。一度は断ることが多い)、恋人のOKをもらったら、図書館や海でのデート。現地のスイーツショップに行ったり♪

学生同士だから、レストランへ遅い時間には行かないけど(値段が高い)午後4時から6時のHAPPY HOURに小洒落たレストランでお得にカクテルやビール、おつまみを楽しむことができました♪

あとは、ホームステイじゃなければ、ルームシェアが多いから、、、一緒に料理やお食事を楽しんだり♪水上バスに乗ったり♪

夜景はどこだって綺麗です。これは、おなじみカナダプレイス♪

あれ。二つに分けてみたけど。

日本と一緒でしたね^^

あとは、校内にゆったり座れるソファーがあるのだけど、

勉強で疲れてぼーっとしてる女子も多いのです。放課後に休憩。

3割くらいの確率で、お声がけがいただけます、、、^^

それに乗るのも、英語を鍛える練習だよって友人に説得?され、5、6人でクラブに行った時がありました。その時の写真がこれ、、、って

あまり載せたくないのでやめます  笑

酔ってるんだもん  

Photo by Andreas Wohlfahrt on Pexels.com

私は、クラブに行ったのは1回だけ。面白かったけど、自分にはむいていないと思いまして^^

あと、短期的な恋愛と思って踏み込むのは好きではない方なのです。

そんな私は、女友達とスタンレーパークをお散歩したり、ショッピングをしたり。1人で出かけた先のバスやショップで、初対面の方と雑談する方が、楽しく英語が鍛えられました。韓国の友人と、英語で1日中語り合えたことも、自分の大きな自信になりました✨

(誰とどんな風に関わるのが好きか知っておくといいかもしれない。英語力の伸ばし方は、それぞれ向いている方法があるはず)

でも。普段、母国ではシャイな日本人女性が、3週間しかバンクーバーに滞在しないからと言って、好みの海外の男性を勇気出してデートに誘い、楽しんでいるのをみて、いいなあとも思いました✨

まあ、そのデートの翌日、その彼の隣で「やっぱ日本の彼氏がいいよね」っとはっきり言っていました。日本語ではあったのですけど💦

たぶん、英語じゃなければ、わからないと思って発した言葉だと思います。

ただ、、公用語が英語の教室、国においてだって、母国語に変換したところでニュアンスは通じることもありので、、、

気をつけましょう⭐️

さて、みなさん、海外へいったら、どんな恋をしたいですか?

私は、、、

振り替えれば。

みんなにまた会いたいから。ずっとときめいた恋をしていたんじゃないかなあ、、、♪

Deep Cove

タイトルは、この地名です。深い入江という意味を持ちます^^

ここは、バンクーバーの中心地からバスで30分ほどで着くところ。そして、バス停から山道に入り、さらに30分ほど歩くと、こんな雄大な景色が眼下に広がります。山の上の方に、こんな大きな岩があり、その周囲は山に囲まれ、、、入り組んだ大きな川を見下ろせる。

生徒にも大人気な場所です。私は、バンクーバー滞在中、2回行きました。

(もっと行っても良かったなあ^^)

授業が終わった午後4時頃、学校の友達、まだ話したことのない学校の仲間がおしゃべりを楽しみながら移動、そして絶景を見る。最高の幸せです。

日本人の大学生から社会人、韓国や台湾の学生、コロンビアの社会人^^

みんな元気かな♪元気だろな♪

私は結構、危険❔なところも好きで、岩のギリギリ先端まで歩いて行きました。他の女子は誰もついてきません^^なので、こんな写真をパチリと撮ってくれました⭐️

そして、唯一岩の端まで辿り着いたチャレンジ女子(私⭐️)は、こんな貴重な写真を撮る機会を任されましたよ♪

確か、アジア各国の歳が近い男性達。一夏の間に素敵な友情が育まれたようです。背中姿を撮って欲しいという要望を叶えた写真がこちら。素敵ですね♡♡♡

この後、私は「正面の写真もとろうよ❗️」と言って、正面写真バージョンも撮らせていただきました。ここでは自粛させていただきますが。本当に素敵な笑顔でした。そして、この写真がきっと今もみんなのメモリーに入っているんだと思うと、光栄というか、幸せな気持ちになりますね^^

わー⭐️幸せだーい⭐️

皆さんにも、過去には素敵な思い出がいっぱいあるはず。ときには思いを馳せてみるのもいいんじゃないかなあと思います⭐️⭐️⭐️

メモリータイムはまだまだ続きまーす^^⭐️

ドキッ♡としたこと(カナダ。。。)

VGC international collegeのレベル4での授業ですが、、、

とても茶目っけ(古い❔)があり、チャーミング(あれ。同じ意味❔)な先生でした。だから、ラッキーにもこのクラスに来た生徒は楽しくどんどん生徒のレベルが上がるし、生徒同士もとても仲良くなるのです。

例えば、

ある日の授業

プリントが配られました。

そのプリントにある質問を、隣の人と互いに行いましょう^^

内容: 

 Have you ever been married?

Do you have a boy friend/girl friend ?

How old are you ?

  Where do you live?

はい。私とペアになった男性は大変真面目な生徒であったため、普通に読み始め、質問しました。そして、私も答えていきました。しかし、互いにだんだん目が泳ぎ始めます。だって口説き文句みたいだったんだもん   ><照

しかし。ある事件が。

彼が、私の年齢を聞いた時、すごくびっくりした様子で、3回も大きな声で私の年齢を復唱しました。教室に響きわたるんじゃないかという勢いで。

日本人は海外の方から、若く見えるのです。びっくりされるとは嬉しいことでもあります。でも、これはちょっと?ぷうっとなりました。

私のときめき。何だーいって^^

ま、何やかんやこんな感じでクラスメイトとみんな仲良くなれたので、

互いにレベルアップしてバラバラの教室になったとしても、最後にはまたみんなで食事会もできました^^ とってもいい思い出です。

犯人は私の隣にいる方です^^笑

また、向かって左端の男性は、ふと目が合うとウインクしてくれたこともありました。これもドキっとしました^^授業では、Can you wink?なんて言われても恥ずかしくてできない自分でしたが、カナダを最後にする頃には「 I like your wink ♪ 」と言いながら私がこの方にウインクするまでに成長しました⭐️

周りの影響って大きいのですよね^^こういうのは、いいですよね♪