Tiny英会話教室

 Can と Do の違いをお伝えしたいと思います😊✨

カナダでの生活をして。

これだけは、

これから、海外へ行く方、又は海外から来られた方と話をしてみたいという方へ

お伝えしようと思います✨

(又は豆知識としてどうぞ✨)

小学校中学校で、よく出てくる

Can

こちらを使う時は、注意が必要です。

何故ならば。

これは、能力を示す言葉だからです。

Can you speak Japanese or English? 

「日本語又は英語を話す能力がありますか?」

失礼な   WWW

カッチーンときます   ✨    

喧嘩を売れますね  ✨

なので、ここは

Do you speak Japanese or English?

「日本語又は英語を話しますか?」がいいでしょう^^

又は

Can を Would /Could に変化するとより丁寧になります。

Can も Doも 能力や現在を示すことばですよね。

Would や Could は Will と Can をそれぞれ過去形にしたものです。つまり、表現を遠回しにしたもの。

日本人でもよくありますよね。直接的なものより、遠回しな表現の方が相手を傷つけなくて済むとか。プレッシャーを与えないとか。そんな感じが、英語にもあります。

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

Would you tell me in easier English ?

/ より簡単な英語で教えていただけるでしょうか?

なんて、言ったら、謙虚で丁寧なあなたはどこへ行っても気にかけられて、丁寧にいろいろ教えてもらえるかもしれません

^^❤️

また、上品な方という印象を持っていただけるでしょう✨✨✨

P.S.

こういうのは、特に男性に大事だそうです。

(海外で仕事されている方の話)

女の子はわかんないか。しょうがないねで流されることも多い。

男の人は、本当に拳が出てくる喧嘩になったエピソードもあるそうなので、気をつけてくださいませ^^⭐️言い方、伝え方は大事⭐️

目指せ♪  丁寧な、海外でも通用する紳士❤️

What’s your name ? ではなく Could you tell me your name? がbetter

You can do it 😉✨

ドキッ♡としたこと(カナダ。。。)

VGC international collegeのレベル4での授業ですが、、、

とても茶目っけ(古い❔)があり、チャーミング(あれ。同じ意味❔)な先生でした。だから、ラッキーにもこのクラスに来た生徒は楽しくどんどん生徒のレベルが上がるし、生徒同士もとても仲良くなるのです。

例えば、

ある日の授業

プリントが配られました。

そのプリントにある質問を、隣の人と互いに行いましょう^^

内容: 

 Have you ever been married?

Do you have a boy friend/girl friend ?

How old are you ?

  Where do you live?

はい。私とペアになった男性は大変真面目な生徒であったため、普通に読み始め、質問しました。そして、私も答えていきました。しかし、互いにだんだん目が泳ぎ始めます。だって口説き文句みたいだったんだもん   ><照

しかし。ある事件が。

彼が、私の年齢を聞いた時、すごくびっくりした様子で、3回も大きな声で私の年齢を復唱しました。教室に響きわたるんじゃないかという勢いで。

日本人は海外の方から、若く見えるのです。びっくりされるとは嬉しいことでもあります。でも、これはちょっと?ぷうっとなりました。

私のときめき。何だーいって^^

ま、何やかんやこんな感じでクラスメイトとみんな仲良くなれたので、

互いにレベルアップしてバラバラの教室になったとしても、最後にはまたみんなで食事会もできました^^ とってもいい思い出です。

犯人は私の隣にいる方です^^笑

また、向かって左端の男性は、ふと目が合うとウインクしてくれたこともありました。これもドキっとしました^^授業では、Can you wink?なんて言われても恥ずかしくてできない自分でしたが、カナダを最後にする頃には「 I like your wink ♪ 」と言いながら私がこの方にウインクするまでに成長しました⭐️

周りの影響って大きいのですよね^^こういうのは、いいですよね♪