わんわん恋物語🐶その2

とある日。

見るもの👀全てが全てではない….

となんとなく悟り❔を開いている私は

モテ子ちゃん飼い主さんにこんな質問をしてみました。

「モテ子ちゃん、いつも○○ちゃんと、仲良しですね。本命….ですか?」

飼い主様💁‍♀️

「実はね。あるドッグラン行くと、また別の子と仲良しなの。たぶん、そっちが本命ね⭐️。その子はあまり自分から乗っかってこないのがいいみたい」

two yellow labrador retriever puppies
Photo by Chevanon Photography on Pexels.com

ほうほう。

あんまり、モテ男の子には積極的には行かない方がよろしいのですな。

となると、いつもモテ子に積極的すぎるほどに積極的なうちの子(トイプードル;ポチ)は、論外…….

まぁ、恋愛はムズカシくとも、

恋って楽しそうでいいですよね。

モテ子の周りにいる

ポチ含め、いろいろなわんちゃんのしっぽの大きなふれ具合をみながら、

そんなことを思う、

ほのぼの休日でした………🍀🍀🍀

dog with leash on pathway
Photo by Artem Beliaikin on Pexels.com

わんわん恋物語🐶その1

私の至福のひとときは

我が子(トイプードル:名はポチ)と散歩中🐩🚶‍♀️に出会う

わんこちゃん達との戯れるひととき

⭐️⭐️⭐️

その中でも。🐩🐕🐶達の恋愛事情観察は面白かったりします😄❣️🤫

⭐️⭐️⭐️

とある公園。いつも人気者の黒い大型犬の男の子🐕がいらっしゃいます。

その犬は、あまりにもモテるがために、いつも犬種や性別を問わず複数のわんちゃんに囲まれて…..

brown and white short coated puppy
Photo by Valeria Boltneva on Pexels.com

 いつもちょっとお疲れ顔です(モテるって大変でもあるノネ🥸)

⭐️⭐️⭐️

 でも、その子と同じ犬種の女の子がいらっしゃいまして。

 その子とモテ子はいつもイチャイチャ(乗っかりあったり)しているので、相思相愛で楽しそうだな〜

 と、思っておりました🙂

モネちゃんからの癒し☕︎を受けて……

 

 朝ドラの、モネちゃんの一途に勉強や仕事を頑張る姿ってきゅーんとしますね☺️

 ほんのり恋を感じさせるシーンもいいなぁ✨

と、いうわけで⭐️

今日は恋愛をよりよく導きたい(お節介)タロットをしてみようと思います(^^)てへ

何色のハート♡が気になりますか?

young positive woman with many stickers on face
Photo by Anna Shvets on Pexels.com

※アメリカ🇺🇸産オレンジはやはり農薬2種は使われていると近所のスーパーより情報をいただきました。ただ、風水では、出会い運をあげてくれるフルーツ。昨年、知らずに食べてた私は…….はい。効果絶大でした🌼

こぼれ話(美と恋)

「これだけを食べれば痩せます📺」

「これだけ食べれば綺麗になります👩🌟」

以上のような、広告を見て。何回か試したことはありますが。うーーーん。

私は、結果はいまいちでした。

一方で、栄養学をスタートしてからは、

肌が綺麗だねって言われたり、

実年齢より、さらに若く見られるようになってきました。

栄養学を、学んで実践した半年後(2年前)

又、

栄養バランスよく取ろうとすると、

料理のスキルも上がるので……

毎日の食卓が豊かになりますよね。☺️♫

woman being hugged while making dinner
Photo by Ketut Subiyanto on Pexels.com

え。こんなブロッコリーの切り方は。。。。なくもないけど気をつけよう⭐️(ぺこぱ風)

因みに。

仕事できる男性は、料理上手になる方が多いのですよ✨✨✨

 料理も仕事と一緒で、段取りや栄養バランスを考えて作ると、効率よく、思ったより素晴らしく早く出来上がりますからね👑✨

 (昔…………..ブリの照り焼きで完全に胃袋つかまれちゃったことが…..(*´꒳`*)tehe

個人的な意見ですけど、

 男性と仲良くなるなら、肉🍖料理。

 女性と仲良くなるなら、魚🐟料理。

な、気がします😆キャッ⭐️

カナダでの恋物語

留学先のコイバナの続編を、、、

というEmi様からのリクエストがありましたので😊

可能な限りお応えしていきたいと思います笑

私がよく思いだすのは

電車の中(運転手はいなくて、自動で走っています)

で、肩を寄り添わせているカップル

綺麗な夜景を見ながら、手を繋ぎ歩くふたり

微笑ましい姿を

毎日のように

当たり前に見ていたから。

勉強ばかりだった自分も

こうなりたいなって

思えるようになりました。

ガスタウンにある、世界で一つの蒸気時計🕰台

恋って、

別れるときは悲しいけど

始まって、付き合っているときは

自分達もそれを見守っている人達も

幸せだったりするのですよね(^^)

そして、

ご縁があれば、

続くものなのですよね。

カナダで海外の方と知り合って、

結ばれたというアジア人もいらっしゃいました(^^)

水色の石の

婚約指輪と

しっとりした笑顔が

印象的だったあの女性は

きっと今もお幸せに過ごされているでしょう⭐️

カナダ留学先での恋話🤫💖

恋話って、いつでも、どこでも盛り上がりますよね^^

  これは、バンクーバーで私が体験したこと。よかったら、お楽しみください♪

 まずは、学校全体の雰囲気をお伝えします。(VGC。2年前)

 南米出身の方は、距離感が近く、愛情表現がとても豊かです。だから、’Nice to meet you’と挨拶する→その場で友人へ→ハグ→(頬にキス:シャイな日本人には遠慮する方も多い)の流れは、1日から3日で大体完成します。

 ヨーロッパ出身の方は、距離感を掴むまで時間が多少かかりましたが、みなさん紳士でした^^

 韓国出身の方は、感情表現がストレート。さっぱりしてて、私は好き。そして男女ともにとても美意識が高く、教えていただいた基礎化粧品はvery goodでした^^

 そして、日本人女性は、モテます。可愛くて、優しくて、、、騙しやすいと思われているから。初対面の方や友人から告白される機会が増えるけど、お相手の友人数人とお会いしてからお付き合いを考えるとか、慎重な行動をお勧めします^^

 さて。^^チラ見してきた恋愛事情をお伝えします。

大体二つのタイプに別れます。

一つ目は。割り切った短期的な恋愛。

英語を上達させるには、海外の異性と恋愛するのが一番だと、見た目がタイプな女性を見つけては孟アタックし、お付き合いに結びつける男性がいました。積極的にクラブに誘ったりね。

二つ目は。本気の恋愛。

たとえ、出身が違う国だとしても。繰り返し思いを伝えて(やっぱり将来離れる可能性のある人と付き合うって、勇気がいると思う。一度は断ることが多い)、恋人のOKをもらったら、図書館や海でのデート。現地のスイーツショップに行ったり♪

学生同士だから、レストランへ遅い時間には行かないけど(値段が高い)午後4時から6時のHAPPY HOURに小洒落たレストランでお得にカクテルやビール、おつまみを楽しむことができました♪

あとは、ホームステイじゃなければ、ルームシェアが多いから、、、一緒に料理やお食事を楽しんだり♪水上バスに乗ったり♪

夜景はどこだって綺麗です。これは、おなじみカナダプレイス♪

あれ。二つに分けてみたけど。

日本と一緒でしたね^^

あとは、校内にゆったり座れるソファーがあるのだけど、

勉強で疲れてぼーっとしてる女子も多いのです。放課後に休憩。

3割くらいの確率で、お声がけがいただけます、、、^^

それに乗るのも、英語を鍛える練習だよって友人に説得?され、5、6人でクラブに行った時がありました。その時の写真がこれ、、、って

あまり載せたくないのでやめます  笑

酔ってるんだもん  

Photo by Andreas Wohlfahrt on Pexels.com

私は、クラブに行ったのは1回だけ。面白かったけど、自分にはむいていないと思いまして^^

あと、短期的な恋愛と思って踏み込むのは好きではない方なのです。

そんな私は、女友達とスタンレーパークをお散歩したり、ショッピングをしたり。1人で出かけた先のバスやショップで、初対面の方と雑談する方が、楽しく英語が鍛えられました。韓国の友人と、英語で1日中語り合えたことも、自分の大きな自信になりました✨

(誰とどんな風に関わるのが好きか知っておくといいかもしれない。英語力の伸ばし方は、それぞれ向いている方法があるはず)

でも。普段、母国ではシャイな日本人女性が、3週間しかバンクーバーに滞在しないからと言って、好みの海外の男性を勇気出してデートに誘い、楽しんでいるのをみて、いいなあとも思いました✨

まあ、そのデートの翌日、その彼の隣で「やっぱ日本の彼氏がいいよね」っとはっきり言っていました。日本語ではあったのですけど💦

たぶん、英語じゃなければ、わからないと思って発した言葉だと思います。

ただ、、公用語が英語の教室、国においてだって、母国語に変換したところでニュアンスは通じることもありので、、、

気をつけましょう⭐️

さて、みなさん、海外へいったら、どんな恋をしたいですか?

私は、、、

振り替えれば。

みんなにまた会いたいから。ずっとときめいた恋をしていたんじゃないかなあ、、、♪