お世話になった整体の先生

そうは、言ってもね、、、(前回の‘私は私でいい’の続きです^^)

ここまで私が開き直れるのには半年くらいかかったり、また自分を見失ったりする時がありました。(だから、今、潜在意識や言霊(メモ帳)の力を借りています)

その辛い時に、自分を助けて下さった方を、紹介させていただきます。

仙台の整体こころや  の 菅野秀和先生です

https://sendaicocoroya.com

(リンクを貼り付けることがまだ身についてないので、手打ちで入れました。うまく飛べますように)

体の不調が何からきていて、どうしたらいいかわからない、とにかく辛い、という時に、友達の紹介で、こちらに伺い、お世話になりました。施術していただいたのは、3年前でしたが、その後も、時々近況報告をさせていただいています。

当時の私は、ひどい体調不良でして 😅

この方のおかげでなんとか生かせていただき、自分と向きあうことができました。

そして、私は海外へ留学したいという本心を引き出すことができて、楽しい未来を歩むことができました(それは、またあとで報告させてください⭐️たっぷりと)

今となっては、自分も徐々に体調がよくなり、こちらの先生とやり方は違えど、人の健康や心のサポートに役立ちたいと思っているところです。あ、でもちょっと行きたい、、、

こちらの先生は、とても仕事熱心で、新しい情報を取り入れて、進化し続ける方です。

もし、ピンと来た方は、

満足できなければ返金もしてくれるそうなので、お試しにどうぞ^^

運動とアファメーション

「元気に過ごすには、食事だけでなく、運動と心のバランスも大事なんですよ」

と、栄養大学の講義でも聞けたのが、面白かったです  ^^

運動や社会参加への重要性を1時間聴かせていただきました。その時は、東京まで栄養を学びに来たのに😅と思っていたけど、今に役立ちました。よかったです😁

  確かに、本当に大事な事実です。 

  なので、わたしのオススメを紹介させていただきますね^^

 運動は、毎日7000歩を目標に歩きましょう(時には音楽聞いたり楽しく♪)大股の早歩きはさらに有効。後、デスクワークが長い方は、トイレへ行くとき、わざと遠目の場所まで歩きましょう。また、1時間おきに両脇を延ばしたり、肩回しすると、仕事も捗りますよ。

 健康で仕事をうまくできる人って、力を抜く場所と入れる場所をよく分かってますよね。こうゆうことも、それに当てはまる気がします。

 あと、アファメーション。「なりたいというよりなる」と自分に宣言することです。

 自分の理想とする今や未来がどんなものか具体的に書き出します。(私は携帯電話のメモ機能に打ち込みました)そして、それを声に出して読みます。できれば毎日。

 実際にやってみた人はわかるのですが、心は満たされ、未来が現実化していきます。

 何故なら、意識を目標に向けることで、毎日の生活で、自分はできることから自然とやっていくようになるからです。あとは、タイミングをみたり、やり方を変えていくだけなのですね。行動を伴うポジティブシンキングとも言えるでしょう。

 よかったら、試してみてください^^

 あなた今は、思い描く道への途上にあります。

Photo by Lisa Fotios on Pexels.com

 

ヘルシーは楽しい

 zespriのCM、可愛いですよね(^^)今回のタイトルはそちらから引用させていただきました。

 前回の健康ブログでは、

どんなウイルスにしても、肺炎の予防や治療には、赤身の肉、魚、卵、大豆、乳製品等の高品質のタンパク質を1日150gから200gとることが大切

と、紹介させていただきました(^^)

もし、タンパク足りないな、と思ったかたは、朝ごはんに納豆かけたり、空き時間に豆乳飲むと、美肌にも効果的でいいですよ✨😊

今日は、果物を一日100gを勧めさせていただきます。(できる方は200グラムが望ましいです)

果物に含まれるビタミンCは、ウイルスで起こる風邪症候群のかかる期間を短縮し、重症度をかなり軽減、運動者については、半減させます😊(女子栄養大情報)

そういえば、風邪ひいたとき、ビタミンCをよくとると、早く治ったりしますよね✨私の場合は、Doleのオレンジジュース🍹

忙しいときや、疲れているときは、果汁100%のジュースもOKです

できるときは、

キュウイを輪切りにして冷凍保存すれば、2週間保存可能。

私は、毎朝、皮付きでキュウイの輪切り食べてます。(ゴールデンは皮付でも美味しく、切るのに簡単。緑色の方は皮むいて)

因みに、大きめのキュウイなら、1個約100gでした。(🍋のビタミンCの3倍)

あと、パイナップルがお得なときゲットして、カット後、ガッチリしたタッパーにいれて、2〜3日で食べています。

よかったら、試していただければ幸いですです😃

今日も読んでいただき、ありがとうございます✨✨✨

Photo by Pixabay on Pexels.com

新型肺炎の予防食①

             

優しく魅力的なあなたへ

今、誰もが愛する人や自分の幸せと健康を願っています。

私はその力になります。

私が通信講座で勉強させていただいている女子栄養大学から以下のような情報が届きました。

低栄養はウイルスの感受性と重症度の両方を高め、さらに感染自体が栄養の悪化を促進します

これは、病院や学校で勤めてきた私からすると、疲れやすい方、運動習慣があまりない方、または、消化器系に疾患のある方、ダイエットしている又は過去にしていた方は、該当しやすいように思います。

それでは、何をどれだけ食べるといいのでしょうか。

いくつかありますが

まず最初にタンパク質について。どんな感染症でもまず全身のタンパク質を整えて予防、治療を行うのです。

具体的には、赤身の肉、魚、卵、大豆、乳製品などの高品質のタンパク質食品を毎日150〜200gとることを勧めています。

参考)卵1個 55g  

   低脂肪乳の方がタンパク質多いです・・・低脂肪乳コップ1杯170g

   ヨーグルト1CUP 80gから120g

   納豆1パック 40g  豆乳コップ1杯170g

おやつに、アーモンドフィッシュを食べるのもおすすめ。ヘルシーで美味しいですよ。

あなたの幸せと元気を応援しています。

お読みいただきありがとうございます。