鳥さんを守り、自分を守る🐣 2

栄養学の大先輩方から。

己が購入する卵の養鶏場を訪れてから、卵を買う

ex………鳥の餌は。飼育場の衛生環境は。活動量は。 etc

私は「立派な先輩だなぁ。私もいつかそうしよう☺︎」

くらいの感想でした。

 しかし。とあるまた別の日。

衝撃的なネットニュースを拝見しました。

『鶏の寿命は10年ほど。しかし、卵を低価格で効率的に出荷するため、定期的に女性ホルモン注射し、短期間でたくさん卵を産ませている。たった3年ほどで、骨はスカスカになる。そして、食用の鶏肉として出荷される。又、その頃には、卵巣嚢腫や乳癌を発症している。

又、養鶏場も、海外では禁止傾向にあるのに、日本いまだ狭い敷地内でのゲージ飼いが多い。』

crop person holding chicken eggs in basket
Photo by Daniela Constantini on Pexels.com