カナダ生活→ポジティブ新年😊❤️

 楽しかった思い出を書き残したくて、また、読者の方に、コロナによるステイホーム期間中に海外へ行った気分になってもらえたらいいな、と思い綴ったカナダ生活でしたが。ブログにしてみたら、自分でも気づいたことが、たくさんあり面白かったです。

 耳鳴りの原因。。。多分ストレス。帰国する頃には、消えていました。歯を食いしばり根詰めて勉強し過ぎていたのかもしれません^^

 このおかげで、良い方向に自分の動きが変わった。。。最初は、症状が出たことへのショックが大きかったけど、一方で気分転換をするきっかけをくれました。自分の体調の変化に気づき対処をするのは大事ですね^^そして、カナダ生活の思い出になる彼氏や自分へのプレゼントを、あの時買えて良かった。(今も、靴は修理して大事に使っています👞♪)

 Annettへの食事会へのお誘い。勇気を出して誘って(もらって笑)よかったです❗️本当、断られると思っていたのですよ。。。この12月末まで、先生と生徒が食事に行くなんて聞いたことがなかったし。何より、Annettは、そういう賑やかな会は、好きでは無い方なんじゃないかな、なんて勝手に思っていたので😓また、12月17日に、Annettに、生徒みんなで食事会にいかなかっったことをやんわりダメだしされたのを私は気にしていたけど。だからこそ、最後にクラス全員での食事会開催をしようと思うことができたのだ、と。

 全てが、災い転じて福となす。また、やってみれば、思った以上の結果が出ることもある。

そんなことを学んだブログ生活でした。^^

これを知ったから、ポジティブシンキングで人生行けますね✨🙌ヽ(´▽`)/

また、学生にとっては、勉強が何より大事と思っていたけど。

実は、それと同じくらい、仲間を作って、努力を称え合い、喜びを分かち合うことが大事だと気づきました。

だって。実際、その方が、クラス全体の雰囲気が良くなって、みんなが楽しく勉強できるんです。

私が、レベルUPして、入ったクラスは、ものすごくレベルが高い人が多く(感じた)。

私より、1週から6週間前からその教室で勉強している生徒ばかりだから、あたり前。(友人と同時にレベルアップできるわけじゃない。テストの結果次第)

自分よりできる人に囲まれるのは、緊張と申し訳なさで、それだけで疲れるけど、優しい人は必ずいて、そのクラスメイトに支えてもらう。そして、そのクラスメイトがレベルアップしてその教室から卒業する頃には、今度は自分がその教室の新入生を支える側になる。

勉強だけじゃなく、社会(学校)での役割もみんないつも頑張ってきたから、知らず知らずに溜まった気疲れやストレスを開放する場は適宜必要。

そして、食事会で、クラスみんなが仲良くなってしまえば、授業の助けあいも、よりスムーズに行くしね⭐️

それが、できて、よかった⭐️⭐️⭐️

きっと、私が卒業したあとも、あのクラスは、みんなとても楽しく仲良く過ごせていたことでしょう♪

さて、まだ未公開写真があったので、

よかっら、どうぞ⭐️^^

こんな感じで卒業式の撮影会は盛り上がっていました。
スタンレーパークのクリスマスイベント。入場料は無料。募金箱があるので、10ドル払いました。

 

 

こちらのドーナッツ、美味しかった^^そして、このお店の小麦粉では、たまーーーに1つ食べるくらいなら体調は崩さなかった。
3人同じ年。メキシコ、イギリス、日本
仲良し3人組パスポート。確か、バーに入るには、パスポートが必要だったのです(^^)
夜10〜11時くらいかな?2次会に行きたかったけど明日は飛行機に乗る日ということで。駅への帰り道。路上で生活している方に、最後、あたたかいフライドポテトを1袋プレゼント。それをみた友人はびっくり。私も最初は、そうだったよ、、、^^帰国後、新年を迎える前に、数万円HPを通して募金。幸せにできる範囲で、何かの役に立ちたいのです。

さて。

新年明けまして、おめでとうございます。

今年も、何か気づいたこと、面白いことをブログにUPしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様に、たくさんの幸せがありますように。

 

こちら、2021年1月1日午前7時45分の富士山。

富士宮に住んでいる伯父が、早起きして、綺麗な富士山を撮ってくれました。元旦早々、こんなに富士山が綺麗だったなんて、きっと、いっぱいイイことがありそうな予感♪

伯父は早稲田大学出身です。早稲田は箱根駅伝で活躍していました♪また、いろんな大学で、静岡出身の学生が選手として出場していました⭐️伯父様、喜んでたかな⭐️

22th December 2018 -Lunch time…Lovely time3-

taco barに着くと、すでにお店は満席だった。地元の方にも大人気である。先に店員さんにかけあってくれた友人から、12人席を確保するには、もう20分から30分かかるって、と伝えられる。

それを聞いたみんなは、あたたかい店内で待つことができないのも承知の上で、文句を言うことなく了承してくれた。

時刻は13時を回った。

きっと、席に着けるのは、13時半くらいだろう。

外は息が白くなるくらい寒く。でも、私達の心はホコホコしていた。ちょっとおしゃれなベンチや、平積みされたレンガに、座ったり立ったりを繰り返しながら、でも肩は寄せ合っておしゃべりを楽しんだ。

25分ほどが経ち、暖房がしっかり効いた店内に呼ばれた。みんなほっとして、席について行く。

と、1人いつの間にか参加者が増えていた。クラスメイトの1人が、他クラスにいた彼女を呼んでいたのである。

他の席には未だ満席で、賑わっていたため、店員さんはやや困った顔になる。私は、表情を変えずクラスメイトを無言で見つめた。

彼は申し訳無さそうに“I’m sorry to say nothing “と言った。

私はうなづき。店員さんは、2人がけの席になんとか3人で座ってみて、と言った。幸い、仲のいいカップルと友人1人は細身であったため、ギリギリなんとか座れた。

今度こそ、心を落ち着かせて、みんなで席に着くことができた。あとは、先生を待つのみである。

そして、待つこと5分。ギターを背負ったままのAnnettが来た。

私は、主催者の役得とばかりに確保していた自分の隣席に、彼女を案内した。

そして、昼食会が始まった。

しかし。いざ、先生の前となると緊張する生徒もいて。生徒と先生の4人テーブルより、生徒同士の4人テーブルの方が盛り上がっていた。いろんな意味で、途中で、席をシャッフルすればよかったのかなあということに、後から気付きました(・・;)

ま。いいか。大きいタコスを各テーブルでシェアしながらゆっくり食べてたから⭐️🌮🌮🌮🌮⭐️

1時間ほどで、食事会は終わり。Annettはまたギターを背負い、駆け足で帰っていった。その後ろ姿は颯爽としていて、自然と目に焼き付いてしまった。

いつかまた。会えたらいいなあ。。。。♪

スタンレーパークに建てられた、Xmasツリー

そんなこんなで楽しい時間は過ぎていきました。(^^)

カナダ生活🇨🇦の話は以上になります。いかがだったでしょうか?ちょっとでも楽しんでいただけましたら、幸いです。

最後に。

いくつか洋楽を紹介させていただきます。

音楽好きな方に、おススメです。当時、学生同士で好きなアーティストを教えあったり、休憩時間にお気に入りの音楽を流すことが流行っていました。

気分転換にもなるし、リスニングの練習にもなるしで、一石二鳥だったのです⭐️

まずは、会社で働く男性女性におすすめ♪

Daniel Powter の Bad Day

次は、男性ファンも多かった

Ed Sheehan の Perfect

こちらは、ホストファミリーがこの曲とMusic Videoが好きでした。大人の女性の魅力に引き込まれるような

The Greatest Showman の Never Enough

年末の雰囲気にも合うかな?透明感のある歌声が印象的な

Christina Perri の A Thousand Years

どれも。you tube で検索すると、素敵な映像と共にお楽しみいただけますので、ご興味のある方はどうぞ⭐️Have a good time ⭐️

それでは、最後までカナダ生活をお読みいただき、本当に本当にありがとうございました^^

22th December 2018 -Last lesson-

朝から教室は異様な雰囲気に包まれた。

「今日の午前授業が終わったら、私のgraduation 。会場に会いにきて欲しい」と声をかける卒業生。

「午後から予定があるんだ。だから今のうちにお別れのハグをしておきたい」と卒業する友人に思いを伝える在校生。

その一瞬一瞬は、誰にとっても甘くも切ないもので。。。

私も、何人かの友人と、昼食後と夜の過ごし方を決めていた。しかし、その日の昼だけは、Annettと過ごしたかったから、予定は明けていた。

ただ、自分で声をかける勇気はなかった😅。

そのため、クラスにドイツ語を話せる友人がいたので、彼にお願いした。(母国語で声をけかられたら、承諾してくれやすいのではというちょっとした期待をのせて)

Annettは、授業の準備のため、いつもちょっと早めに教室に入る。この日もそうだった。早速、彼がAnnettに卒業式の後の食事は一緒にどうかと誘う。

私は、耳をダンボにして聴こうとしたが、緊張で心臓がバクバクする上に、ドイツ語の会話はさっぱり理解できない

😵💓 ドキドキ

すぐに、彼より、OKって、と耳打ちされる。

(ウソーーーーーー!90%くらいの確率で断られると思ってたからーーー!)

私は、一度フリーズした後(*_*)、とっても喜んでしまった。😍キャッ⭐️

さらに、私を喜ばせる出来事が起こる。

Annettは、ネイビーのパーカーを脱ぎ、アイボリーのジャケットを着て、ギターを持ってきた。

「もうすぐクリスマスだから」と言って、教室からロビーに生徒を移動させた。そして、みんなでクリスマスソングを歌おうと言った。

ただでさえカッコイイのに、ギターを弾きながら歌うこともできるなんて。そして、みんなのためにこんな計らいをされる心のあたたかさ、優しさ。。。涙💕

途中から、同じレベル6の他のクラスの生徒と先生も参加して、大合唱になりました♪

そして、午前授業が終了。

私は、クラスメイト全員に、先生とのランチ会は一緒にどうかと声をかけた。

ほぼ全員から、参加する、との返事をいただく。

(いつかのリベンジになった。そして、やっぱりあのタコスが美味しかったから、お店はタコバーにしよう♪)

Happy MerryXmas!

In the evening 20th December 2018

靴で満足したのかな。

ひと通りアウトレットを歩いたが、もう私の心を惹きつけるものはなかった。

だから、あとは、私にカナダを楽しむよう、LINEしてくれた、導いてくれた、

彼へのクリスマスプレゼントを探しに行くことにした。

次のショッピング先は、

街中にある、ブランドSHOPが連なるCFパシフィックセンター。空港近くのアウトレットから、電車に乗って15分程で着く。

パシフィックセンターの前には、こんなイルミネーション✨

そして、学校近く^^

“Lessonをサボったことがーばれませんようにーーー”

なんて思いながら、改札口をそそくさと歩き、

パシフィックセンターの紳士フロアに着いた。

12月末ということで、冬用スーツやマフラーが並んでいる。

6店舗くらいをフラーーっと歩き。

触り心地がよく、デザイン性も優れていると思われるマフラーが見つかった。そして、そのお店は商品の陳列の仕方も一番おしゃれに見えた。(私の好みの問題?^^)

しかし。今度は10種類ほどのマフラーが置かれている。迷う。全体的に落ち着いた色が多いから、どの色を選んでも外れはないのだろうけど。どうしたものか。

ここでも。店員さんが頼りになります⭐️

‘I’m looking for a present for my boyfriend.Do you have any recommended scarf?’

‘Good.Where will he put on it? Private,working….’

‘Umm…..I hope he wear it during the commute so I’m thinking block or blue one…’

※こちらの店員さんも。ブランド雑誌に出てきそうな整った顔立ちの方でした。そして、綺麗な発音でお話しされる方でした。ちなみに、当時のバンクーバーでも、人種や英語力によりつける職種が変わるというのは、聞いたことがある話です。昔よりはずっと、人種よりも実力が評価されるようになっているとは思いますが。

こんな感じで、楽しみながらプレゼントを選べた私でした。^^

心は

ほくほくであります⭐️

と。お会計を済ませた私に

Have a wonderful Christmas Day!

とても大きな箱に入れられ、立体感のあるおしゃれなリボンに飾られたプレゼントBOXが手渡された。輝かしい店員さんの笑顔には、やり切った感がある。

どうやって飛行機に載せましょうか。私のスーツケースとあんまり変わらない大きさなんですけど、、、😭

今さら、店員さんの顔が曇るようなことは言いたくない。。。

————-Please give me a smaller box without the big ribbon !

ショッピングモールの中にはサンタさんがいました⭐️可愛いお子さんを抱っこ♪見守るお母さん♪

After lunch 20th December 2018

ちょっと早めの美味しいランチをいただきまして。

いつもは乗らない電車に乗ること、約15分。こんなに近いのに、友人は以前から行ったことがあるのに、私にとっては初めてのアウトレット。

ヨーロッパの映画にも出てきそうな、可愛いお花がたくさん飾ってある窓のお店が連なっている。さらに、アウトレット全体は赤や緑、金色と電飾などで華やかに飾られ、クリスマス気分を高揚させてくれる。

(バンクーバーは、元イギリスの領地だったから、街並みがイギリスっぽいところがある)

最初に目に入ったのは、靴の専門店だった。

さすが、カナダ。

私よりずっと大きなサイズのものばかりが陳列されている。

実は。服屋さんでも、子供売り場で探した方が自分のサイズに合う品が多く取り揃えられていたりする。

私の足にぴったり23.5㎝の大人用靴はあるのか?すでに、日本から履いてきたそれは、ロッキーマウンテンの氷上を歩いたことで酷使されていたのか、底が一部破れているのだ。。。

パッと見でこれかなあ。と感じるものを試しに履く。

店員さんにも、確認。

‘Do you have another shoes which have same size?’

なんと、合わせて3足あった。よかった。。。

迷うとこと数分。履き心地、歩き心地抜群の、シンプルな黒い紐ぐつにした。一緒に帰国する相棒✨

購入して外に出ると、足元がとても暖かいことに気づいた。これは、保温機能もあるのかしら。

実は、元値は2万円を少し超える品だったのだが、55%OFFで購入できたのである。こんな高価な靴を購入するのは生まれて初めてだった。いいものは、その値段なりの理由があるとどこかで聞いたことがあるけど。それがわかった気がする。

足があたたかくなると、心も体も暖かくなる。

今度は、何を買おうか♪

いつの間にか、耳鳴りの症状は気にならなくなっていた。

⭐️素敵な靴を履くと、その靴はその人を素敵なところへ連れて行ってくれるという話があります。あなたの靴は、今、どんな靴ですか、、、❔⭐️

閑話休題2…Autumn in the past

カナダ🇨🇦の秋を入れていなかった。。。

入れたい笑

ので、よかったら、お付き合いください(^^)

イエールタウンにある公園

イエールタウンは、バンクーバーの高級住宅街といったところでしょうか。高層ビルが多く、近くに大きな池もある。

これは確かリンキャニオンの吊り橋を渡った先ににある公園。
こちらはビジネス街にある公園
スタンレーパーク。マイナスイオンが素晴らしかったです。中心街からバスで30分程で着きます。
以上、バンクーバーの秋のご案内役を務めさせていただいたまるこでした〜⭐️

バンクーバーは、自然が身近で美しくて(^^)公園でリス🐿に出会えることも珍しくありません。

人もとても優しい。地図を眺めていて、困っていると“May I help you?”と声をかけてくださるのです。

移住したくなる方の気持ちが本当にわかりました。

因みに。日本では、四季を感じるのは当たり前だけど。

一緒にお散歩してた南米の友人は、感動していました。あちらは、季節がないから。

だから、黄色や赤色の🍁を集めては、何枚も本に挟んで思い出にするんだといっておりました(^^)

因みに、彼女は雪も見たかったそうなのだけど、バンクーバーは以外と、12月になっても雪は降らなくて。寒いけれど。

日本帰国後、雪景色をFacebook にupしたら、

😳 wow! So beautiful!!!

と、喜んでくれましたよ(^^)

今年は、、、もうちょっとまっててね。カナダ編終わったら、おめでたい、いただいた富士山写真と共に、綺麗な東北の雪景色をupするけんね♪(^^)

Lovely ❤️ Time 2

 バンクーバーにあるVGC international schoolのレベル5の教室で、もがきながらも、新しい先生にアドバイスを頂いて(最初は遠慮や緊張で何も聞けなかったけど、途中から恥を捨てて勉強法を聞いたり、雑談を楽しむといったことができるようになりました✨)前向きに学校生活を送っていたある日。

気になっていたあの先生が、学校のエレベーターに乗り込むところを発見しました✨

久しぶりのご対面だったから、私、嬉しくって✨

とっさに、こんなことを言いました。

“ I have studied (English) hard to hard in level 5 so I will pass next test to level up.

You’re the teacher in level6, aren’t you? I’d like to go your class. ”

そしたら、その先生は、

手にしていたcoffee shopのカップを口に近づけ、ちょっと俯きがちになりながらも目線を私に向けてこの一言。

Lovely

と言ったのですーーーーーー   💖

キャーーーーーーーAnnett     ⭐️⭐️👼⭐️⭐️

   →❤️→

そして、私はその後テストをパスし、

ラッキーにも本当に彼女の教室で再び学ぶことができました^^

(同じレベル6でも、教室は7つに別れていたのです。どの先生に当たるかは、選択コースにもよるし。基本的には先生を選ぶことはできません⭐️でも、今回のことを振り返ると、先生に好意を伝えておくのはいいのかもなんて思いました⭐️😋⭐️てへ⭐️)

頑張る人は、報われました

言葉にして行動したら、その理想していた世界へ行けました♪

(たまたまだったのだけど、有言実行ですね)

それでは⭐️まだまだ続きは書きたいけど、せっかくだから、

しばらく間を置いて

続きをお送りしたいと思います⭐️

(何を❗️❔    私からAnnettへの恋物語です  💖)

しっかり授業を受けた後は、こんな風に友達との海辺のお散歩も、幸せな気分転換Timeでした。

みなさんも、仕事を頑張った後は、楽しい息抜きの時間を設けてみてくださいね♪

そしたら、エネルギーチャージして、、明日がより輝きますよ⭐️⭐️⭐️☺️

Lovely ❤️ Time 1

私は、早く、このテーマを書きたかったのです✨直感的に、     今だ✨

と思ったので、今、お届けします^^

実は、このブログのタイトルにある ‘ Lovely ’ という言葉を私にくださったのが、真ん中の黒いタートルネックを着たショートヘアの先生です❗️

はい。問題です。この方は、女性でしょうか?男性でしょうか?

チッチッチッ  

答  女性です❗️

カッコイイですよね✨すっごいタイプなんです💖

腕は筋肉質で目力があって、落ち着いてて、

生徒への授業の後に、教室にただ一人残って翌日の授業の準備を淡々と行うcoolな姿に✨

実は、彼女は、私のレベル5の最初のクラスの先生だったんです。

初めてお会いできた時は

わー✨素敵な先生✨✨と、私は幸せを噛み締めていたのですが、わずか授業3日目にして、クラス編成があり(9月になって海外からきていた多くの大学生は帰国し、全体の生徒の人数が減ったのです)、こちらの先生とはお別れとなってしまいました。。。涙 涙

しかし⭐️私の愛の炎は消えません🔥

しばらく経って、彼女がレベル6の先生の一人になったという情報を掴みました✨

イエイ✊

ならば、私はレベル5をしっかり勉強して、次のレベル6に行くまでであります✨

バンクーバーの私立図書館。平日も土日もなるべく毎日通いました。オシャレで開放的な場所だったから、滞在しているだけでも嬉しかった☺︎

(あータンパクとビタミン足りない😲ゆで卵足して、ヨーグルトに青汁混ぜて欲しーい⭐️)

まあ。ロッキーマウンテンツアーへ行ったりもしたので、最速でのレベルアップは叶いませんでしたが、、、^^

(でもレベルアップは本気でするつもりでいたので、ツアー前日は夜遅くまで勉強したり、ツアーの移動バスでもノートを開いたり。しかし、いろいろな無理がたたって、ツアー戻ってから3日程寝込み完全回復まで2週間もかかりました。無理はいけませーーーん⭐️☺︎今は、遊ぶ時は遊ぶ。毎日寝る時間は7時間。寝る前と週末の休息&HAPPY TIMEを心がています♪)

素敵な出会いは人を成長させるのだ⭐️

でも

無理はしてはいけないのだ⭐️

そして

頑張る人は、、、⭐️

続く   W