Canadianロッキー山脈バスツアー   その4

さて。そろそろお泊まりのホテルへ

🚌バスからの景色

バンフ国立公園内にあるバンフという街に到着です。

Banff という街。最終日の宿泊先。カナダで一番標高が高いところにあるスターバックスがここにはあったそうですよ(行かなかった^ ^ジェラート屋さんへは行き、ジェラートがとても美味でした❣️)

ここはステーキが有名だそうです。カナダの物価は日本より高めなので、予算との相談⭐️最初は節約傾向でした。でも、段々、今しか来れないのだから、お金使っちゃえというテンションになっていきました😆

ホテルでのルームメイトになったメキシコの方がお店を検索してくれまして。上に映る大きなレストラン(The Maple Leaf)の2階でお食事を。

混んでいたので、テーブル席につく前に、バーカウンターで待つことに。

一杯のお酒を注文し、ほろ酔いになりながらプチ高級感のある店内を眺めます。

壁、天井、シャンデリア、テーブル、椅子、、、全てが明るめの木(メープル?)で出来ており。そこに大きな窓から日差し入り。落ち着いているけど輝かしい雰囲気。

(ふと思い出した、このときの木のシャンデリアが欲しくなってAmazonで検索したら、素晴らしいお値段でした😳😳)

日が暮れれば、照明のオレンジの灯りが柔らかく全体を包んでくれます。

席が空き、テーブルに案内され、頼みましたのが、こちらのお肉料理です。

写真の編集が未熟にて申し訳ありません。😅

Beefだったと思います。和牛とは違い、脂肪がほとんどない赤身の肉。柔らかく美味しかったです^ ^また、旅先での添えられた緑黄色野菜はありがたかったです。

ロッキーマウンテンツアー中の、

1番の贅沢思い出お料理です^ ^

Canadianロッキー山脈バスツアー  その3(バンフ国立公園、ボウ湖)

アサバスカ氷河(Google Mapで全体を見ても面白い)をすぎ、南東にあるバンフ国立公園へ向かう途中。バスや車が走る道路上でこんな珍しい野生の動物に会えました。

Bighorn sheep (おおつのひつじ)ウシ科に分類されるけど、岩から岩へと飛び移る健脚があり、山岳地帯の岩山に住むためひつじの名がつく。確かに大きいからね。ウシ科というのは納得。

拡大しているので、ちょっと画像が荒いですが。

2頭仲良く歩いている姿は、ほのぼのとしますね^^

そして、バスの最前列に座ったので、前方の景色も最高でした。

バス二台での大人数バスツアー。ほぼ学生。

なんとなく、この山の形(絶壁具合)は、スイスのマッターホルンにも似ているきがします。

太陽さんさん。雪はさくさく。湖はさらさら。

さて。バンフ国立公園に入り、氷河が溶けた水が流れ込んだボウ湖に到着。標高1.920mにあり、やはりこちらもとても空気が澄んでいます。

みなもは静かで、日が当たるとアクアマリンに近い色に。

こちらでの滞在時間は30分くらいだったかな。

雪道に気をつけながら、

ゆっくり、

暖かいバス車内に戻りましょう。。。

Canadianロッキー山脈バスツアー   その2(アサバスカ氷河)

二日目。

深ーく眠れたため、元気です^^

今日は、バスツアーの中でも見所の一つ。アサバスカ氷河を見に行きます。

すでに、山奥にきた気持ちがしていましたが、さらにバスで移動すること何時間?6時間くらい?

途中、可愛いらしい街並みのところでランチ休憩をして、

綺麗な青空。。。天気に恵まれてました^ ^

またバスに乗ります。。。

途中の景色も美しいので、車内では自然と撮影会になります。。。^^

右下に写っているのは、氷河から流れる川でしょうか。

さて。氷河に近づいてきましたよ。

到着。氷河のさらに奥を体験するには、ゴリゴリのスノータイヤがついた雪上車(ここと南極にしかないそうです)に移動します。

大変立派です。。。なので、乗り心地はどうこう言いません^^(ユレルユレル)

氷河の上に到着。ここで、美しいバスガイドさんからこんな説明をいただきます。

「ここは、氷河だけど、ここ最近は、温暖化で年々氷が溶けてきています。危ないから、柵の外にはいかないようにね。また、指定時間内に戻って来なかったら、置いて行きますよ。ツアーバスは決して戻りませんからね。そのときは生きて帰れないでしょうね^^」

はい。集合時間に遅れがちなツアー参加者を前に、さっくりと恐ろしいことを教えてくださいました。そして、温暖化は、山の上の氷河にも影響していたのですね。。。できる限り、温暖化防止になることをしようと誓ったのでした。。。

氷は、50メートルから300メートルの厚さがあるそうですよ。立って見ると、何か不思議な、神聖な気持ちがしました。

冷える事は、冷えるのですけど。太陽がでてくれたおかげか、耐えられる。寒さでした。

また、バンクーバーのスーパーで購入した本場のダウンが体を守ってくれたのかな。

景色をゆっくり堪能できました。

雪の向こうには可愛いらしい雲が。。。^ ^

集合時間には、ギリ間に合ったので、生きてます笑。

Canadianロッキー山脈バスツアー   その1

今日、嬉しいことがありました。

初対面の方と話していたら。

その方は、コロナが落ち着いたら、旦那さんと一緒にカナダへ移住する予定だとのことでした。

Toeicも頑張っており、850点とったそうですよ。^^ハイスコア、、、、❗️(私?半分くらい (*´꒳`*)Readingは一番不得意でして  言い訳W)

さて。カナダとえば、大自然。その中でもロッキーマウンテンは格別によかったなあ、なんて思い出したので。10月に参加したバスツアーを紹介させていただきますね、、、^^

バンクーバーから出発し、4時間くらいかかったかな。

ツアーバスでたどりつきました。

まずは、大きな滝。

大きな岩の(隙間)上に生えている立派な木々にも注目です。(あんまり写ってないけど)

ザーーーという音が、雑念さえも流してくれるような。聞いているとスッキリします。

さて。初日の観光地はこの1箇所くらい?

あとは、さらに4時間くらいバスでの移動。

バス内にトイレもあったと知ったのは、ホテルに着くちょっと前のことでした^^

まずは夕飯。

この日はカナダの10月第2月曜日。サンクスギビングデーということで、自然の、神の恵みに感謝する日。🎃や小枝らしきものが飾られていました。これだけで、立派なインテリアですね。
パンと、甘さ控えめのクランベリーソース。また、別皿にターキーローストと、ライス、マッシュルーム、お米があります。ターキーには、グレイビーソースか、マスタードソースを選べますよ。

お料理は、カーボーイ姿のかっこいい女性が持ってきてくださいました。写真、載せたい。。。許可とってない。。。妄想でお願いします😆✨

料理後は、カーボーイさん達と、音楽に合わせて一緒に踊ったり、縄を振り回して獲物を捕らえる練習のようなゲームをしたり。

カナダの先住人の遊び方を体感できました^^

そのあとは、焚き火をみんなで囲い。

空には、満点の星。

low angle photograph of stars
Photo by Jeff Nissen on Pexels.com

こんな感じです^^

あ。ホテルはここよりちょっと離れたところにあったのでした。

たぶん、就寝時間は11時を越えていたような。

でも、おかげさまでクイーンサイズのベッドに、初対面の方(女性です⭐️)と一緒に寝ても、全く気にせずすぐ眠りにつけました。。。

学生のバスツアーだから、お得な分、2人で一つのベッドです😉✨

1泊目は、これにて終了。

みなさんも。おやすみなさい。いい夢を❤︎

カナダ生活→ポジティブ新年😊❤️

 楽しかった思い出を書き残したくて、また、読者の方に、コロナによるステイホーム期間中に海外へ行った気分になってもらえたらいいな、と思い綴ったカナダ生活でしたが。ブログにしてみたら、自分でも気づいたことが、たくさんあり面白かったです。

 耳鳴りの原因。。。多分ストレス。帰国する頃には、消えていました。歯を食いしばり根詰めて勉強し過ぎていたのかもしれません^^

 このおかげで、良い方向に自分の動きが変わった。。。最初は、症状が出たことへのショックが大きかったけど、一方で気分転換をするきっかけをくれました。自分の体調の変化に気づき対処をするのは大事ですね^^そして、カナダ生活の思い出になる彼氏や自分へのプレゼントを、あの時買えて良かった。(今も、靴は修理して大事に使っています👞♪)

 Annettへの食事会へのお誘い。勇気を出して誘って(もらって笑)よかったです❗️本当、断られると思っていたのですよ。。。この12月末まで、先生と生徒が食事に行くなんて聞いたことがなかったし。何より、Annettは、そういう賑やかな会は、好きでは無い方なんじゃないかな、なんて勝手に思っていたので😓また、12月17日に、Annettに、生徒みんなで食事会にいかなかっったことをやんわりダメだしされたのを私は気にしていたけど。だからこそ、最後にクラス全員での食事会開催をしようと思うことができたのだ、と。

 全てが、災い転じて福となす。また、やってみれば、思った以上の結果が出ることもある。

そんなことを学んだブログ生活でした。^^

これを知ったから、ポジティブシンキングで人生行けますね✨🙌ヽ(´▽`)/

また、学生にとっては、勉強が何より大事と思っていたけど。

実は、それと同じくらい、仲間を作って、努力を称え合い、喜びを分かち合うことが大事だと気づきました。

だって。実際、その方が、クラス全体の雰囲気が良くなって、みんなが楽しく勉強できるんです。

私が、レベルUPして、入ったクラスは、ものすごくレベルが高い人が多く(感じた)。

私より、1週から6週間前からその教室で勉強している生徒ばかりだから、あたり前。(友人と同時にレベルアップできるわけじゃない。テストの結果次第)

自分よりできる人に囲まれるのは、緊張と申し訳なさで、それだけで疲れるけど、優しい人は必ずいて、そのクラスメイトに支えてもらう。そして、そのクラスメイトがレベルアップしてその教室から卒業する頃には、今度は自分がその教室の新入生を支える側になる。

勉強だけじゃなく、社会(学校)での役割もみんないつも頑張ってきたから、知らず知らずに溜まった気疲れやストレスを開放する場は適宜必要。

そして、食事会で、クラスみんなが仲良くなってしまえば、授業の助けあいも、よりスムーズに行くしね⭐️

それが、できて、よかった⭐️⭐️⭐️

きっと、私が卒業したあとも、あのクラスは、みんなとても楽しく仲良く過ごせていたことでしょう♪

さて、まだ未公開写真があったので、

よかっら、どうぞ⭐️^^

こんな感じで卒業式の撮影会は盛り上がっていました。
スタンレーパークのクリスマスイベント。入場料は無料。募金箱があるので、10ドル払いました。

 

 

こちらのドーナッツ、美味しかった^^そして、このお店の小麦粉では、たまーーーに1つ食べるくらいなら体調は崩さなかった。
3人同じ年。メキシコ、イギリス、日本
仲良し3人組パスポート。確か、バーに入るには、パスポートが必要だったのです(^^)
夜10〜11時くらいかな?2次会に行きたかったけど明日は飛行機に乗る日ということで。駅への帰り道。路上で生活している方に、最後、あたたかいフライドポテトを1袋プレゼント。それをみた友人はびっくり。私も最初は、そうだったよ、、、^^帰国後、新年を迎える前に、数万円HPを通して募金。幸せにできる範囲で、何かの役に立ちたいのです。

さて。

新年明けまして、おめでとうございます。

今年も、何か気づいたこと、面白いことをブログにUPしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様に、たくさんの幸せがありますように。

 

こちら、2021年1月1日午前7時45分の富士山。

富士宮に住んでいる伯父が、早起きして、綺麗な富士山を撮ってくれました。元旦早々、こんなに富士山が綺麗だったなんて、きっと、いっぱいイイことがありそうな予感♪

伯父は早稲田大学出身です。早稲田は箱根駅伝で活躍していました♪また、いろんな大学で、静岡出身の学生が選手として出場していました⭐️伯父様、喜んでたかな⭐️

22th December 2018 -Graduation-

楽しみなランチ会の前に、まずは卒業式です😊

気持ちを切り替えて、クラスメイトと一緒に教室を出る。

会場には、今日で学校を卒業するという数十人の生徒と、またそれを見届ける何十人の生徒がいる。

会場を取り仕切る司会者は、感極まる生徒達の声に負けないように、大きな声をさらに張り上げ一人一人の卒業生の名前を呼ぶ。呼ばれた生徒は、担任の先生から卒業証書を受け取り、会場のみんなからカメラのフラッシュの嵐に包まれる。

私も。この瞬間を見届ける側であったので、それを見届けられる側になったことに、感極まるものがあった。最後のお別れだからと、たくさんの人と写真を取り合ったり、ハグしあったりする。

そんな中、なんとかAnnettに「1時間後にtacobarで」と伝え、しばしのお別れを告げる。

何せ、お店は予約できなかったから、早めにお店に言ってお店の席の半分ほどが空くまで待つ必要があった。

また、卒業式には感心ない、、、と言ったクラスメイトに、先にtaco barへ行って席を確保してもらえないか聞いて欲しいとお願いする。親切な彼女はOKをくれて、一足先にお店へ向かってくれた。

私は、昼食を共にできない友人達との別れを惜しんだ後。また、クラスメイトも友人達との貴重な時間を過ごせたのを確認した後。昼食会に参加するクラスメイトの人数を改めて確認し、引き連れて、後方を確認しながらゆっくりとtacobarへ向かった。

17th December 2018

年末ともなると、留学を終え、母国へ帰る生徒は多かった。

 同じクラスの、メキシコ出身の16歳の女性もその一人。

 彼女は。私に、経済的な理由から病院で治療を受けられない人達がいて、麻薬は痛み止めとして役に立っているということを教えてくれた人。

 また、とても熱心に授業を聞いていて、復習もしっかりする上に、放課後はベビーシッターもするという、美人で努力家の完璧な女性。

(占いサイトをみせたら、30歳過ぎる頃恋愛運が急降下しているのをみてショックを受けていたのは可愛いかった、、、いつも大人な雰囲気の彼女が年齢並の反応を示したから^^

—- “My husband must die.😱”

大きな声で言ってました。涙目で。

いやーそんなことは(^◇^;)ないと思いたいよね

 一見クールに見えて、実はチャーミング。この子が私は好きで。

授業中は、彼女の正面や隣りの席に座るようにしていたのでした(^^)

だから、私より一足先の、彼女のVGC international school の卒業は寂しくて。

最後に、一緒にご飯をたべたいなぁなんて思っていたのです。

しかし。

彼女は、自分の卒業式という大事な日に。私とご飯を一緒に食べたいと思ってくれるだろうか。

もしかしたら、年の近い子が他のクラスにいて、その人と、先約があるのでは。。。

断られたらショックなため、誘いにくい。

(これはデートに誘う男の心境?😅)

試しに?メキシコ🇲🇽出身だからには、美味しいタコスのお店🌮をご存知だろうと聞いてみた。

すぐ、教えてくれた。

よし。では、一緒に行きませんかと誘ってみようか。

口を開こうとした瞬間、他の友人2人から、私はランチのお誘いがかかる。

実は、こちらの2人は、私と仲がよいが、16歳の女の子との関係は悪いわけでは無いが微妙なものだった。。。

そのやりとりと、私の困ったような微妙な顔をみて、聡明な彼女は何かを察したようだ。。

彼女はしばし沈黙したあと。

“Bye.Have a good time ”

と言って、去っていきました。。。

教えていただいたタコスのお店。とてもお洒落な外観と店内で。
タコス🌮も今まで食べた中で1番美味しかった

しょうがなかったよね。なんて自分に言い聞かせていましたが。

翌週。憧れの、担任になっていたAnnett から。

一部始終を見ていたらしく。

“Did you go lunch with her at last Saturday?”

と聞かれました。

そして。言い訳もカッコワルイので。

ただ、私は

“ No”としか言えず。。。

Annettは、ちょっと呆れた顔をされました。

ちーーーん。

そうだよね。私はクラスメイトの中では、1番大人の方なんだから、みんなで楽しく過ごせるようにするべきでした。その方があの子にもいい思い出作ってあげられたかもしれないのに。。。

大丈夫。

大きく後悔はしたけど、反省に切り替えて、

次に活かしますね😎✨✨✨

14th December 2018

Xmas イブは10日後となったこの日。

街中はすでに装いを完璧に整えていた。

カナダプレイスに設置されたドイツのXmasマーケット
魅力的な小物達。本場ドイツ製品もたくさん。

こちらのマーケットに入るには、

開催期間中何度でも入れるフリーパス券もあれば、1dayチケットもあり。

友人はフリーパスを、買っていた。

😐んー。自分は1日で、十分!

他のところにも行きたいし。

その分、今日をおもいっきり楽しもう😄✨

バウムクーヘンみたいな作り方の甘いパン
酢キャベツとポークをいただきながら
陽気なサンタ🎅さん達の演奏を聴く♪

実は、カナダの次に行きたいところはドイツだったので、

この時間は、とてもLucky で Happyに感じたのでした。

私の憧れの先生であるAnnettも、ドイツ出身です♡

10th December 2018

まだ身についていない英語(New vocabularies)を求めるより、すでに話せる英語を使って、今しか会えない友人とおもいっきり楽しい時間を過ごそう。

彼の一言のおかげで、私の気持ちはこう切り替えることができた

スイーツショップにあるXmas飾り

放課後に図書館へ行くのはときどきにして、なるべく友人と行動した。ただ街中をブラブラしたり。クリスマスイベントに参加したり。

年末年始も来年もまだバンクーバーにいるという台湾からきた女性は、母国でエンジニアの仕事をしており

“English is my option”

と、言い切った。自分にとっては、語学留学に来たからには仕事ですぐ使えるレベルにないとカッコワルイのかなと思ってたけど。そうではないと思えるようになった。

心が晴れやかになると、

クリスマス飾りは、急に色鮮やかに輝き始めた。

Deep Cove

タイトルは、この地名です。深い入江という意味を持ちます^^

ここは、バンクーバーの中心地からバスで30分ほどで着くところ。そして、バス停から山道に入り、さらに30分ほど歩くと、こんな雄大な景色が眼下に広がります。山の上の方に、こんな大きな岩があり、その周囲は山に囲まれ、、、入り組んだ大きな川を見下ろせる。

生徒にも大人気な場所です。私は、バンクーバー滞在中、2回行きました。

(もっと行っても良かったなあ^^)

授業が終わった午後4時頃、学校の友達、まだ話したことのない学校の仲間がおしゃべりを楽しみながら移動、そして絶景を見る。最高の幸せです。

日本人の大学生から社会人、韓国や台湾の学生、コロンビアの社会人^^

みんな元気かな♪元気だろな♪

私は結構、危険❔なところも好きで、岩のギリギリ先端まで歩いて行きました。他の女子は誰もついてきません^^なので、こんな写真をパチリと撮ってくれました⭐️

そして、唯一岩の端まで辿り着いたチャレンジ女子(私⭐️)は、こんな貴重な写真を撮る機会を任されましたよ♪

確か、アジア各国の歳が近い男性達。一夏の間に素敵な友情が育まれたようです。背中姿を撮って欲しいという要望を叶えた写真がこちら。素敵ですね♡♡♡

この後、私は「正面の写真もとろうよ❗️」と言って、正面写真バージョンも撮らせていただきました。ここでは自粛させていただきますが。本当に素敵な笑顔でした。そして、この写真がきっと今もみんなのメモリーに入っているんだと思うと、光栄というか、幸せな気持ちになりますね^^

わー⭐️幸せだーい⭐️

皆さんにも、過去には素敵な思い出がいっぱいあるはず。ときには思いを馳せてみるのもいいんじゃないかなあと思います⭐️⭐️⭐️

メモリータイムはまだまだ続きまーす^^⭐️