Industrial food (ドイツ🇩🇪旅)

 きっと….私は、この言葉を一生忘れないでしょう。

 この言葉をいただいたのは、

前回記事の写真(2019)のとき….から一時間後。ドイツのホテルマンさんから! 

 ライン川沿いの小さなホテルに泊まり。ドイツ語と英語半々で話すホテルマンは、おしゃべり好き世話好きな方でした。

 👨‍💼「夕飯何食べたの?」

 私💁‍♀️「川沿いの軽食。美味しかったですよ」

 👨‍💼 「……Inderstrial food!!! I will show you much better food tomorrow morning 」

……私。調べました。inderstrialの意味を。

そして、カッチーンときました。

…….翌朝、朝食に、この方が、卵🥚といろいろ野菜のスクランブルエッグを大盛りで出してくれました。

 見た目はちょいあれでしたけど、めちゃくちゃ美味かったです。負けたと思いました🌱

 当時。私は、女子栄養大の食生活指導士の資格をとったばかりだから。自信があったけど(なんの?)

 いい意味で、打ち砕かれました。

 お手軽も大事だけど、

 やっぱりnaturalはとてーも大事。

健康面でも。心の面でも。

⭐️ホテルの朝食会場⭐️

できる範囲….の幅を広げて、naturalにしています。

お味噌汁の出汁は、煮干しの粉末にしたり。

元気の源も、そういうのがあるかもです😊⭐️

 

コメントを残す